快適に過ごせるお風呂や洗面所の湿気対策!

湿気問題を解決させて健康的な家にしたい

住んでいる環境で違う、湿気問題のあれこれ

お風呂にある用具の湿気予防策

お風呂場にあるお風呂用具は、お風呂が湿気てると発生し、夏場は特に増殖するのが早いので、掃除がとても大変になってしまいます。
お風呂用具はなるべくお風呂場につっかえ棒をつけて、吊るした状態で置いておくのが一番だとされています。

ちょくちょく換気をすることで、お風呂用具が風にあたり湿気を取り除いてくれるからです。
最近では強力な吸盤も安く販売されているので、つっかえ棒を付ける場所がなかったとしても、9番にフックがついているものを購入すれば問題なく壁に取り付けることができます。
なるべくお風呂を使わない時でも、お風呂場のドアは開けておき、風が通り抜けられるようにした方が良いと思われます。
これだけでだいぶカビ予防になると思います。

普段からやれば大丈夫、お風呂の湿気予防

お風呂の中の湿気を防ぐためには、どのようなことに気をつける必要があるでしょうか。
お風呂の中はできるだけ水滴をなくす必要があり、一番理想的なのは入浴後に、乾いたタオルで壁の水滴を拭き取ることです。
しかしそれはなかなか習慣づけることが大変です。
ニッカホーズになってしまうのが一番避けたいことです。
そんな時はそこまでの手間がかからない方法があります。
それは入浴後にお風呂場全体の壁を水で冷やすことです。
これをするだけでかなり湿気からくるカビの問題を防げることになります。
湿気問題は何が嫌かと言うと、湿気が原因でなるナビ発生問題が一番深刻です。
カビは体にも良くないですし放っておけば掃除が大変になってしまいます


▲先頭へ戻る